適応症

自然堂の治療は、鍼灸治療の王道ではないのかもしれませんが、根底を流れる考え方には、東洋医学の哲学的な部分である気血の流れ(経絡)を整えると言う考えに基づいています。ですから、ここでは敢えて「鍼灸治療」と言う言葉を使いたいと思います。では、鍼灸治療はどんな症状に効くのでしょうか?

 

よく質問されることでもありますが、一見簡単なようでなかなか難しい題材です。例えば、肩こりが主訴の患者さんがいらっしゃるとして、症状は肩こりだけではないことが殆どです。肩こりにも原因は様々です。

 

また、一般的には、病気の原因の多くは、自律神経系、内臓機能の低下、ホルモンバランスの乱れなどによるので、それらに対応しますと言われたら、分かりづらいし、ほとんどの病気が当てはまってしまいますよね?

 

WHO(世界保健機構)の鍼灸適応疾患は、教科書や教室で学んだ鍼灸の適応症よりも数が少ない印象。そして、実際に現場に出て多くを学び、治療の引き出しが増えて行くと、鍼灸の適応疾患はとても多い印象です。

 

しかし、WHOが認めているのは、この適応疾患という表にある疾患であるということは変わらないので、それ以外(教科書や他の書籍記載や、実際に治療をして効果があったもの)は、治療の効果があるというよりも、「治療の効果が期待される」という位置づけなのだろうと思います。

 

なるべく分かりやすく表にできないか…

 

と言うわけで、

 

WHOの鍼灸の適応症の表に、それ以外の自然堂で治療可能なもの(青色で表示)を加えてみました。

 

 

✴︎適応疾患

参考:WHO(世界保健機構)

神経系疾患

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー・心身症(うつ、不安神経症など)・感覚異常(鈍麻、過敏、痺れなど)

 

運動器系疾患

リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)・関節炎・筋肉(靭帯、筋膜性の症状※1

 

※1補足

部位別:顎関節、首、肩、腕、肘、手首、手指、腰、股関節、臀部、脚、膝、足首、足、足趾など

 

循環器系疾患

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧・低血圧症・動悸・息切れ・リンパ循環器系疾患(浮腫、術後の後遺症)

 

呼吸器系疾患

気管支炎・喘息・風邪および予防

 

消化器系疾患

胃腸病胃痛・腹痛胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘食欲不振)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾・IBS(過敏性腸症候群)

 

代謝内分泌系疾患

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

 

生殖、泌尿器系疾患

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

 

婦人科系疾患

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊・PMS

 

耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

 

眼科系疾患

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

小児科疾患

小児神経症(夜泣き、かんのむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 

皮膚科疾患

皮膚炎・蕁麻疹・ヘルペス・肝斑(シミ)・円形脱毛症美容的皮膚症状(しわ・たるみ・はり・セルライト)

 

アレルギー性疾患(花粉、ダストなど)

 

その他:様々な不定愁訴

 

このような症状はどうなのかな?など、ありましたら、お問い合わせ下さい(メール無料相談受付中です→お問合せのページへ