✵月に一度の「からだ・丸ごとメンテナンス」始めませんか?

Q.「このような症状はありませんか?」

 

✔ ストレスが溜まっている…

 

✔ 疲れやすいと感じる…

 

✔ 疲れが抜けなくなってきた…

 

✔ 気分の変調(浮き沈み)を感じる…

 

✔ 不調の原因がわからない…

 

✔ 季節の変わり目に体調を崩す…

 

✔ 天候の影響を受けやすい… など

 

これらは不調を表す身体からのサインの一部です。他にも、頭痛、めまい、イライラ、焦燥感(あせる気持ち)、動悸、肩こり、腰痛などなど。

 

気になってネットで調べると、いろいろな病気に症状にあてはまって、ますますわからなくなってしまったり、余計に不安になったり。

 

また、気になりながらも、まだ大丈夫と、がんばってしまったり…。

 

多くの病気はストレスと食事(ストレスによって味覚も影響を受けます)に関係していると言われています。それほど、日頃のストレスのケアは、健康を維持するために重要なのです。 

 

✷現代人には、ストレスケアが不可欠?

 

生活が便利になり、身体を使うよりも、頭を使うことが増える傾向にあります。パソコン、スマホ、携帯端末などの普及により、眼の酷使をする傾向も高まっています。

 

眼精疲労からの、頭痛、肩こり、イライラ、不眠など様々な不調が、出やすい環境が出来上がっているのです。

 

頭や、上半身を使う生活は、習慣化しているので、それ自体をストレスと感じることは、なかなか難しいです。

 

ですから、不調の原因に気づきにくい、気づいた時には、悪化しているといった、悪循環に陥ってしまうのです。

 

その悪循環に陥らない為には、客観的な定期検査のようなものが必要だと考えます。

 

✷頑張る人こそ、定期的な身体のケアが必要。

 

ご自身で、体調管理を行うのは、なかなか難しいものです。気をつけているつもりでも、不調は、ちょっとしたきっかけで出てきてしまうものです。

 

特に、これまで病気ひとつしたことがない、常に走り続けているような生活習慣を続けている方は、身体の変化に気づきにくい傾向にあります。

 

身体はくたくた状態になってやっと気づく、そして、ちょっと元気になると、また頑張る生活に戻る…ということを繰り返してしまいます。

ですから、お身体の状態を定期的にチェックすることで、不調に早く気づく、また、悪化させない習慣を身に着けることが重要です。

 

✷継続することで、良い状態をキープ!

 

反応が良い方は、一度の施術で症状の改善がみられることが多いです。特に痛み自体は早く治まることが多いです。

 

しかし、痛みが消える=治るではありません。

 

それは、「細胞の再生」には時間がかかるからです。

 

例えば、赤血球の寿命は120日、全身の骨細胞が新しいものに入れ替わるには、2~2年半かかります。

 

ですから、身体を変え、良い状態を維持していくためには、細胞の回復が落ちつき、身体が変わる間、定期的な治療を加え、良い状態を身体に定着させることが重要です。

 

痛みが消えても、身体が変わらない間は『再発を繰り返す』ことになってしまいます。

 

症状が落ち着くまで、ある程度間隔を詰めた治療が必要になりますが、落ち着いてからは、3、4週間に一度くらいの治療をおすすめしています。


このような理由から、目立った症状はないけれど、メンテナンスとして、更には、サクセスフル・エイジングとして治療を継続されている患者様が多くいらっしゃいます。

 

日頃からケアをすることで、新たに怪我をしてしまったり、風邪を引いてしまった場合でも、治りが早いです。

 

✷他力を借りよう!

 

様々なものに耐えられる身体を維持していくためには、もちろん日頃の生活習慣(食事、運動、身体の使い方のくせ等々)が大きな割合を占めてはいます。

 

ご自身だけケアをするのは、どうしても、足りないところ、どうしても変える事が難しいこと(運動の習慣など)もあると思います。

 

そのような自分だけでは難しいことも、自分では手の届かないところも、施術者の手を借りることで、動かすこと(変えていくこと)が出来ます。

 

※メンテナンス期間中の治療間隔について

 

お身体を取り巻く環境の変化は身体に影響を及ぼします。耐えられるようにメンテナンスを継続しても、加齢の問題や、お身体の状態により、新たに問題が生じることは避けられません。小さく抑えること、早く治すことは可能です。ですから、その時のお身体の状態に合わせて、数回、治療間隔をつめることも必要です。落ち着いたら通常のスケジュールに戻していきます。治療計画は、一人一人、お体の状態によって違います。

 

環境の変化の例

 

・大きなストレスがかかった、または、増えた

・心配事が起こった、または、増えた。

・仕事、家庭の環境が変わった

など

 

PS。

 

そうは言っても、不調が減り、体調が整ってくると、だんだん間隔を開けていきたいと思うところだと思います。治療後の劇的変化も感じられなくなりますので、少し物足りなく感じられるかもしれません。

 

そして、元気になると、ちょっとお肌が気になるとか、ちょっと最近基礎代謝が落ちてきているなとか……。色々気になり出すということもよくあることです。治療院では扱いそうもないと思われるようなことでも、対応できることが沢山ありますので(体は繋がってますからね。)どうぞお気軽に、そのお悩みを、口に出してみてくださいね☺︎